ヘルニアの手術の入院期間や費用

ヘルニアの手術の入院期間や費用

  スポンサードリンク

ヘルニアの手術の入院期間や費用についての情報

椎間板ヘルニアで腰が痛いっていう人は結構多いですよね。
腰が痛いだけではなくお尻や太もも、ふくらはぎがしびれたり筋力が低下したりするそうです。
椎間板ヘルニアの状態にもよりますが、薬で痛みを抑えてしばらく様子を見る場合や、
神経根ブロック注射という治療法方などもあるようです。
でも薬や注射で痛みを取るというのは根本的な治療ではないんですよね。ヘルニアの箇所を手術するのが根本的な治療になるようです。
当然ヘルニアの大きさや上体によって手術が必要な場合と、手術がいらない場合があるのですが、もし手術が必要と病院で診断されたらどうですか?

メリットやデメリット・リスクが心配ですよね。また、手術にかかる費用や、入院の期間はどれくらいかなども心配になるところだと思います。

状態や病院によっても異なる面があると思いますが、自分の知り合いが何人かヘルニアの手術を受けた鬨のことを聞いたので、書いてみます。

<Aさん>
社会保険で、3割負担
ラブ法という手術方法
手術前が3日間入院で、術後は14日間で計17日間の入院でした。
4人部屋で総額28万円くらいだったそうです。
またコルセットを3万円くらいで作ったそうです(後日7割は申請により返金されます)

<Bさん>
手術前に10日間入院、術後は25日間で、計35日間の入院期間でした。
コルセット代金も含んで総額で、45万くらいだったそうです。

どうですか?AさんBさん入院期間によってもずいぶんかかる費用は変わるようですね。Bさんの場合は手術方法を聞くのを忘れていたので、比較はできませんが、機関によってそれなりに差が出てくるようですね。

また、最近では新しい内視鏡を使った手術方法が開発されて手術後翌日には歩けるようになり、1週間くらいで退院できるという手術方法もあるようです。
この手術法で1週間の入院と仮定した場合は費用は25万円くらいだそうです。

病院や手術方法によって費用や入院期間が異なると思うので、受診している病院に詳しいことはご相談ください。

<入院期間と入院費用のアドバイス>
手術体験者の費用を安くするためのアドバイスとしては、
同じ月の中であればかかった費用が高額療養費という制度で高額所得者でない限り約9万円前後で収まるようです。
費用を安くしたい場合には、高額療養費を使えるように入院(手術前検査)、手術、術後の経過観察、リハビリを同じ月の中で終わら瀬れるように病院に相談するとよいそうです。
また、入院期間も個人の病院であればかなり相談に乗ってくれるところが多いようなので、機関や費用のことなどは一度お医者さんに相談してみるとよいですよ。

ヘルニアの手術の入院期間や費用についての情報でした。

スポンサードリンク