ヘルニアの症状-腰痛

ヘルニアの症状-腰痛

  スポンサードリンク

ヘルニアの症状-腰痛についての情報

腰椎椎間板ヘルニアでの腰痛などの症状ですが、どのようなものがあると思いますか?

椎間板ヘルニアの代表的な症状は、他のページでもちらっと触れていますが、
片側の足の痛み(下肢痛)や、臀部痛、せきやくしゃみでの猛烈な腰〜足にかけての痛みなどがあります。
基本的にはヘルニアでは片側の痛みが多いのですが、ヘルニアで飛び出している場所が大きい場合には、両側に症状が現れることもあるようです。

また、
坐骨神経痛や、腰から足先にかけてしびれ、
足の感覚障害、
冷感、灼熱感、
筋力の低下などが起こります。
そして、ヘルニアの場所や重さにもよりますが、時には排尿障害を引き起こすこともあるようです。

実際に私がヘルニアの時に感じた自覚症状としては
ぎっくり腰っていう感じの激しい痛みがありました。
そして、
立っているのがつらい。
でも、イスに座っていても腰かけるのも辛い。
20分くらい歩くと足が痛く下肢にピリピリした痛み(放散痛)が起こるようになりました。
あとは、
座った状態から立ち上がることも辛かったです。

鍼灸マッサージの先生に聞いたのですが、どのような場所が痛みを感じたり、しびれを感じたりするかっていう場所がわかるとヘルニアを起こしている腰椎の高さが見当がつくようです。
整形外科などではMRIやCTなどの画像診断ヲ使いますが、診察の時にどの場所に症状が出ているかということを伝えるとわかりやすくてよいといわれたので、受診する際には症状のある場所をしっかり伝えてくださいね。

ヘルニアの症状-腰痛についての情報でした。

スポンサードリンク