ヘルニアや腰痛の薬

ヘルニアや腰痛の薬

  スポンサードリンク

ヘルニアや腰痛の薬についての情報

腰椎椎間板ヘルニアでの腰痛やお尻〜下肢の症状って辛いですよね。
整形外科を受診して、治療を受けようとするときに多くは、
電気治療、温熱療法、
マッサージ師がいるところはマッサージ、
理学療法でストレッチや、腹筋や背筋の筋力トレーニング、
で、あとは、コルセットを出されて、っ薬を処方されるっていうパターンが多いようです。

この際に処方される薬っていうのは3種類の薬があるようです。
・消炎鎮痛薬(NSAIDs)
・筋弛緩薬
・末梢循環改善薬
という3種類が使われるようです。
消炎鎮痛薬は、飲み薬だったり、座薬だったりする場合があり、ロキソニンという薬が使われます。
そして、筋弛緩薬は、私が処方されたものは、ミオナールというものが処方されました。
末しょう循環改善薬はメコバラミンっていうのが称されました。

後は、外用薬として湿布が称されました。
ネットで調べるとほかにも、しびれが強い患者用にビタミンB12を使うことや、
精神安定剤を使う場合もあるようです。

私はまだ、精神安定剤を処方されたことはありませんが、
痛みやしびれってかなりのストレスがあるし、そのストレスが痛みを生むっていう悪循環になりますので、しびれや痛みが強い場合にはよいのでは?と思います。
しびれが強い時には、神経の修復とか伝達にかかわるビタミンB12が使われるようですね。

また、漢方薬を使う場合もあるようですね。

薬で痛みを止めることができるっていうのは便利ですが、副作用もあるということをお忘れなく。

薬とうまく付き合っていければよいですね。

ヘルニアや腰痛の薬についての情報でした。

スポンサードリンク