ヘルニアの治療法-ブロック注射

ヘルニアの治療法-ブロック注射

  スポンサードリンク

ヘルニアの治療法-ブロック注射についての情報

腰椎椎間板ヘルニアの治療法ってドクターによって治療方針などがいろいろと変わると思うんです。
整形外科の病院によっても治療方針て結構違うんじゃないかって思います。

根本的な治療と、痛みを取り除く対処療法に分けられるのではないでしょうか?
聞くところによると、ヘルニアの患者の場合でも飛び出している髄核っていうのが、数か月経過すると体に吸収されるので、しばらく様子を見るというところもあるようですね。

ヘルニアとか、日常生活が困難なほどめちゃくちゃひどい腰痛の時に行うのが、ブロック注射という治療法もあります。
ブロック注射とは、神経の伝導路(神経の通り道)に局所麻酔薬を注射して痛みの伝達をブロックする方法で、注射した箇所の血流を良くして、筋肉の緊張を和らげるという働きもあるようです。

椎間板ヘルニアの際に使われるブロック注射って、3種類あるそうで、
硬膜外ブロック注射・椎間板内ステロイド注射・神経根ブロック注射っていうのがあるようです。

硬膜外ブロック注射はブロック注射の中で最も安全なブロック注射といわれているそうです。

神経婚ブロック注射とは、歯を抜くときとかに使うのと同じものらしく、激しい痛みを抑える作用があるようです。神経根に直接針を差し込んで行うブロック注射のようです。

椎間板内ステロイド注射は、椎間板にステロイドを注射して痛みを緩和させる働きがあるようです。椎間板に直接針を刺すのですが、治療効果に個人差が出るようです。

どのブロック注射にしてもそうなのですが、痛みを抑える注射であってヘルニアの根本的な治療にはならないそうです。なので、一過性のものらしいです。

とっても痛くてつらい時には痛みを抑えてもらうのもよいかもしれませんね。
お医者さんに相談してみるとよいかもしれませんよ。

ヘルニアの治療法-ブロック注射についての情報でした。

スポンサードリンク