事務仕事の腰痛対策

事務仕事 腰痛対策

  スポンサードリンク

事務仕事の腰痛対策についての情報

事務仕事やパソコンでの仕事をしていると肩こりや腰痛になってしまう人が多いようです。
あなたは大丈夫ですか?
事務仕事の場合は、座り方に気を付けることで、腰痛対策などになるので、事務仕事が多く、腰痛が気になっている人は椅子の座り方を研究してみるとよいかもしれません。

悪い座り方の例として、
浅く腰を掛けて背もたれに寄りかかった状態というのは事務仕事をするうえで悪い姿勢のようです。

では事務仕事をするうえで正しい座り方というのはどんな座り方なのでしょうか?
・深くイスに座り拝金をリラックスする。
・重心は足の付け根あたり
・机に向かって体は正面を向く
・机の高さを調節して肘から手首が平行になる用に調節
・足の裏は床にぴたりとつけた状態になるように椅子の高さを調節
というような感じです。

浅く腰を掛けて背もたれによしかかっている人は、腰痛肩こりだけじゃなくても骨盤のゆがみなども出てくるようですので、正しい座り方をするのがよいと思います。

事務仕事の方の腰痛対策といえば、長時間同じ姿勢になることが多いので、時間を区切って休憩を入れてその時に少し体を動かすといいと思います。
軽いストレッチや体操などをして体をほぐすことで、筋肉の緊張が進まないようにするための効果があるようです。

集中して仕事をするのもよいですが、たまには休憩してリフレッシュしたほうが仕事の能率も上がり腰痛や肩こりもほぐれそうですので、やってみてくださいね。

事務仕事の腰痛対策についての情報でした。

スポンサードリンク