起床後の腰痛

起床後の腰痛

  スポンサードリンク

起床後の腰痛についての情報

起床後の腰痛について書いてみたいと思います。

腰痛にもいろいろなぺたーんがあると思います。
パターンというのは、痛い場所だったり、痛みがひどい時間帯だったりします。
痛みがある場所は、脊柱起立筋の背骨側だったり、筋腹だったり、外側だったりです。
高さ的には、腰椎の2番の高さ、4番の高さなどに痛みを感じる人が多いようで鵜s。

そして、痛みを感じる時間帯のパターンとしては、起床時・起床後の腰痛がひどく感じる人と、夕方から夜に痛み(だるさや重み)を感じる人がいるようです。

慢性的な痛みやだるさを感じる人の中には
痛みで目が覚める場合や、
朝起きた時に腰が重い、
などのように起床後の腰痛というのがあるようです。
これについては変形性腰椎症の方も朝のこわばりのようなものが目立つようです。

起床後の腰痛は、血行と冷えに大きく関係があると本で読んだことがあります。
寝ているときには体の動きが少ないので、血行が悪くなり、血行が悪くなると冷えが起きる。そのために疲労物質・発痛物質がたまりやすくなり、患部に痛みが生じるそうです。

子供を見ていると、寝ているときにもかなり体を動かして寝返りを打っています。
これが自然な姿のようです。就寝中50回くらい寝返りを打つのが理想なようです。

ということで、
寝返りが打ちやすい硬さの寝具を使い、点で支えるよりも面で支えるという寝具がよいようです。

起床後の腰痛がひどい人は、整形外科の生成などに相談してみて、寝る環境を考えてみてください。

起床後の腰痛についての情報でした。

スポンサードリンク