腰痛ベルトの巻き方

腰痛ベルトの巻き方

  スポンサードリンク

腰痛ベルトの巻き方についての情報

今回は腰痛ベルトの巻き方について書きます。
皆さんは腰痛ベルトを持っていますか?
腰が痛い時には、コルセットや骨盤ベルト、腰痛ベルトなど多少商品名や言い方が違っても腰に巻くベルトがあったほうが腰にかかる負担が少なくなって腰痛が軽減すると思うので、腰痛がひどい人はつけてみるといいですよ。

しかし、ちゃんとした腰痛ベルトの知識がないとぜんぜんコルセットを付けている意味がなかったり、
かえって悪化させてしまうことになるので、しっかりと腰痛ベルトの巻き方の説明書を読んだほうがいいですよ。

また、腰痛ベルトをずっとつけっぱなしにしている人もいるようです。中には寝る時もつけるという人がいるようですが、あまり活動しない時には外していたほうが、よいようです。ゴルフをする時や、介護職の人は仕事中などの活動するときに着けたほうがよいようです。
長時間つけていると腹筋や腰の筋肉が弱くなると聞いたことがあります。

また、腰痛ベルトの巻き方で間違えやすいのは、
お腹にまく人が多いようですが、
お腹にまいても腰の動きを制限することにならないため負担を軽減することができないので、しっかりと腰に巻くようにしましょう。

コンビや、ワコールなどのようにいろいろなメーカーからも腰痛ベルトが発売されていますし、医療用として、病院の整形外科でも扱っているものがあるようです。
生地もゴムでできたものから夏用のメッシュになったものもあるようです。購入するときには、ランキングを見て決めるとよいかもしれません。

腰痛ベルトは、腰骨の中心に来るようにして補強用のベルトがある場合は、腰骨のでっぱりの上に来るように巻く方法がよいようです。

腰痛ベルトの巻き方についての情報でした。

スポンサードリンク