ためしてガッテンの腰痛体操

ためしてガッテンの腰痛体操

  スポンサードリンク

ためしてガッテンの腰痛体操についての情報

このページではためしてガッテンの腰痛体操を紹介しようと思います。
NHKのためしてガッテンでは、何回も腰痛に関する放送がされていて、そのたびにいろいろな腰痛体操や、腰痛の対処法、改善方法が紹介されていますので気になる方は、本家本元のためしてガッテンのHPを参考にしてみてください。

 

□ポーズとウォーキングで腰痛改善
2012年2月15日に
「腰痛&手の痛みに新技 ついに劇的回復!」というテーマで放送されました。
腰痛体操というのではないのですが、
ポーズをとってウォーキングをして腰痛日誌をつけるというやり方です。

 

ポーズでウォーキング
a.肘を体に沿ってあげる
b.腕だけをおろす
c.a⇒bの状態で、お腹と背中が伸びていることを確認
d.この状態で、15分を目安にウォーキングして毎日続けることが大切のようです。(無理のない程度で雨天の場合はウォーキングではなくてもラジオ体操などの軽い運動でもよいそうです。)

 

・痛み日記
腰痛の痛みを10段階で、評価して、その日の行事や感想なども記録すると痛みの状態を客観化できてよいそうです。

 

 

□おへそ引っ込め体操
2012年7月11日放送分で、オリンピック特別編ということで、北島康介選手のトレーニングを応用した腰痛体操になります。

 

腹横筋という筋肉を鍛えるトレーニングで、
腹横筋は、腰回りを支えて姿勢を維持する重要な働きを持つ筋肉で腰痛の時にするコルセットの役割をする筋肉です。
腹横筋のトレーニングは腰痛の予防改善に適した体操だそうです。
では実際の腰痛体操の方法ですが、

 

・基本編
a.呼吸を止めずにおへそを引っ込める
b.左右の腰骨のでっぱりの内側部分が固くなっていることを触って確かめる
c.おへそを引っ込めたまま30秒キープ

 

・応用編として、
四つん這いになり、背中が反らないようにする
a.基本編のようにおへそを引っ込める
b.四つん這い状態で片手をあげて姿勢を保つ
c.bの状態で反対の足をあげて身体の水平を保つ

 

です。
お腹をへっ込めることで、腹横筋のトレーニングになるので、やってみてください。

 

腰痛には、命にかかわるような
大動脈解離とか、
腹部大動脈瘤(りゅう)といった病気が隠れている危険性があります。安政の時でも痛い時には医者に言ったほうがよいようです。

 

腰痛にしびれが一緒に出る場合は、腰部脊柱管狭さく症という病気の可能性もあり、
運動は前傾姿勢を撮るとよいそうです。杖を使ったり、自転車に乗ったり押したりして歩くのがよいそうです。

 

まずは、自分がどのタイプの腰痛なのかをきちんと理解してから腰痛体操を始めてくださいね。

ためしてガッテンの腰痛体操についての情報でした。

スポンサードリンク