腰痛の時の床の座り方

腰痛の時の床の座り方

  スポンサードリンク

腰痛の時の床の座り方についての情報

腰痛がひどい時に
畳や、床に座らなくてはならない時って、困ったことはありませんか?
腰痛がひどい時とか、膝が痛い人は床に座るのが困るっていう人が結構いるようですね。

 

そんな人の多くは、床に座るときには、胡坐(あぐら)をかいたり、足をずらして横ずわりをしたりしているようです。

 

腰痛の時に床での座り方ってどのような座り方が腰に負担がかからずに腰痛の悪化を防ぐことができるのでしょうか?

 

膝の関節が痛くない人であれば、
腰痛だけを考えれば、床や畳で座る場合は、星座をするのが、腰への負荷が少ないようですが、これも長時間ですと、背筋をピンと伸ばし続けるのがつらくなって腰が丸くなってしまって、下肢への血行が悪くなって負担が増えるようです。

 

足を前に投げ出して座る(長座)方法は、骨盤が安定しないために体を支える筋肉が多く働かなければならないために負担になって寝っころがってしまうっていうケースも多いですよね。

 

実際に私自身腰痛持ちなのですが、
リビングで寝っころがってテレビを見るっていうことが多かったりします。

 

ではどのようにしたら楽なんだろうって考えたのですが、

 

座椅子を使うと結構楽です。
座椅子の背もたれにゆったりと背中を預けることで、姿勢の維持に使う筋肉の負担が軽減されて楽に長時間座っていられる気がします。

 

最近では、床や畳に座るときには座椅子を使うようにしています。座椅子は、背もたれのところがリクライニングできて角度が自分で調節できるものを選び、深めに座って角度調整します。
すると、腰痛、背部痛でも結構楽に過ごせますよ。
床で座るのがきついっていう人は試してみてください。

 

しかし、やっぱり座りっぱなしだと、
体が硬くなっちゃうんで、適度に立ち上がって体を動かしたり、足を動かしたりしなければならないかなって思っています。

腰痛の時の床の座り方についての情報でした。

スポンサードリンク