腰痛の車の座り方

腰痛の車の座り方

  スポンサードリンク

腰痛の車の座り方についての情報

腰痛の時って車に乗るのも、腰が痛くてひどい時がありますよね。
腰痛の時には長時間の同じ姿勢を避けたり、座り方を工夫することによって、腰痛の改善や、予防になると思いますので、腰痛の方は、注意してみてください。

 

腰痛の時には、車での座り方も大切ですが、まずは、車の乗り降りも注意が必要です。
座り方の説明の前に乗り降りを考えてみましょう。

 

車で乗り降りの時には、中腰にならないようにして、
お尻から入り、シートに腰を下ろし足を入れて、前向きに方向を変えるというのが載り方で、
降り方はというとその逆で、
横向きになり、足を外に出して、立ち上がるという順番で、一つ一つの動作を無理のないように行うとよいでしょう。

 

そして、肝心の腰痛時の車での座り方ですが、
基本は、椅子に座るときと同じで、
車を運転するときの良い姿勢というのは、
シートに深く腰を掛けます。
この時のポイントは、お尻がぴったりと背もたれに密着するように座ります。
そして、背筋を伸ばし、あごは軽く引きます。
そして、少し、お腹に力を入れて腹圧がある程度かかるように意識します。
このような座り方をすることで、S字カーブに無理がかからずに自然な腰痛に良い車での座り方になります。

 

また、
足はというと、足の付け根よりも膝が少し上に来るようにシートを前後に調節します。
そして、ハンドルと、体が離れすぎないように座席の位置を調節することで、腰に負担のかからない運転スタイルになりますので、
腰痛が気になる人は、この座り方を実践してみてください。
そして、オートバックスや、イエローハットなどでは、腰痛によい車のシート二億クッションなどのグッズが販売されていますので、このようなものなどを利用するのもよいと思います。
時間があれば、カー用品屋さんを覗いてみてはいかがでしょうか?

腰痛の車の座り方についての情報でした。

スポンサードリンク